遺品供養のこと

遺品供養とは

「故人をお見送りした時に、入歯も眼鏡も棺に入れてあげたかった。」
「あれも持たせてあげたかったけど棺に納めることが出来なかった。」
「遺品を整理していると、いろんな気持ちが湧いてきて市の収集や整理業者に頼んで捨てることが出来ない品がある。」

遺品供養とは、この様な品物をお預かりし供養の為の読経を頂いた後に処分することで、気持ちを整理し新たな生活に向けて踏み出し、後悔の気持ちが無くなるようにお手伝いさせて頂きます。

 

様々な供養の品をお預かりしています

  • 生前愛用していた衣類・着物
  • 思い出の詰まった写真・アルバム
  • 棺に入れてあげれなかった入れ歯・眼鏡
  • 仏壇・仏具・神棚
  • ひな人形・ぬいぐるみなどの人形類
  • 大切にしていたコレクション・道具
  • 葬儀後に手元に残る香典袋・弔電

 

供養料金

布団収納バッグ布団収納バッグ
・1袋 10,000円(税込)
・サイズ:W100cm×D50cm×H70cm
(布団一組入ります)
・収納重量の目安:15kgまで

※刃物類・機械類・劇薬類・スプレー・缶ライター・注射針・医療機器・液体類等の取扱いが危険な品物の収納はご遠慮ください。

 

遺品供養サービスの流れ

1.お問合せ

まずはお電話にてご連絡ください。
専用袋の枚数をお伝えいただければお持ちさせて頂きます。

Tel:0120-188-222 (年中無休 / ○:○○ ~ ○:○○)

2.専用袋に遺品を収納

専用袋に収納できましたら、お持ちいただくか、連絡をいただければお引き取りに伺います。

3.終活サロン心で保管

合同供養の日まで終活サロン心が責任を持って保管いたします。

4.合同供養

後日ご住職様にお勤めをしていただき、きっちりとご供養させていただきます。